FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fight'n Rage その2

分岐をぼちぼち埋め中。
5割くらい埋まった模様。

よくよく見てみると、ショップで買えるアイテムが、ハーデスト以上をクリア、ノーコンクリアとかいう厳しいもの。
ハーデスト以上をクリアでインセインが出るっぽいけど…
ハーデストの時点でクリア厳しいんですが、どうしましょうね

とりあえずトレーニングモードは全員ブラックベルト取得。
20181002141731_1.jpg
やり方はわかっても、なかなか上手くいくものではないことを認識。
壁にぶつけたり、小ジャンプが必要だったりとか。
コツをいくつか。

☆リカルド(一番楽)
・ジャンプパンチからのグラップルは、ジャンプ着地前にパンチを出すとスムーズに行く

☆ノリス(普通)
・ジャンプパンチ連打については、小ジャンプを使う。普通のジャンプだと落下が早くて間に合わない

☆ギャル(ムズイ)
・最初の課題はめくりでジャンプキックを当てるとスムーズ
・ジャンプニー⇒ジャンプキック⇒ジャンプニー⇒ジャンプキック 初手を垂直ジャンプで、壁際でやると楽(ギリギリだとバウンドが低くなるので、壁から1キャラ~2キャラ分右が良い)
・最後の課題は垂直ジャンプの着地直前にジャンプニーをあててから、後は最速でコマンド入力

以上。
スポンサーサイト

Fight'n rage

久々の更新。

表題のタイトルを現在攻略中です。
英語わからないんですけどねー


以下、とりあえずメモ

分岐の場所
ラウンド1の開始直後、左へ行くか右へ行くか
ラウンド1のボスで、女の子を助けるか助けないか
上記で助けた女の子についていくか、いかないか
ラウンド4(5)のダークフォレストで、分岐を上(光ってる道)に行くか、右(沼)へ行くか
ラウンド6(7)のブラッディパーティーで、分岐を上(闘技場)に行くか、右(人質がいるところ)へ行くか


また今度。

備忘録

絶賛夏休み満喫中の篠山です。

今日はちょっと自分が忘れないためにメモを一つ。
steam版 侍道4(Way of the Samurai4)の日本語化手順を。

1.まずはインストール場所を開く。
(ドライブ¥steamlibrary¥steamapps¥common¥Way of the Samurai4)大抵こんな感じ
もしくはSteamのゲームページを開いて、右クリプロパティからローカルファイルタブを選択、ローカルファイル閲覧…を選択。

2.フォルダへ上書き。
フォルダが多数並んでいるが、その中の JP フォルダの中身を
US フォルダの中身に上書き保存

3.日本語化終了。侍道4の世界へ。

おまけ.
いつおま国になるかわからないので、JPフォルダは別の場所へバックアップを取っておくと吉。

以上。




アホみたいにやりこんだゲームでも、長い間プレイしないとやっぱ結構忘れてますね。
ノーマルでプレイして3回ほどゲームオーバーになったので優しいモードでプレイ
初回のエンディングは幼女とイギリスへ逃げるEDでした。
ロリコンは死すべき

ある程度思い出したら英語版で遊んでみようかしら。

ついに発売!

Gears of War: Judgment (Xbox LIVE ゴールド メンバーシップ&『Gears of War』 ゲームオンデマンド用コード同梱版) (数量限定)【CEROレーティング「Z」】予約特典 クラシック ハンマーバースト &キャラクタースキン先行入手コード・『Gears of War: Judgment』オリジナル Tシャツ 付Gears of War: Judgment (Xbox LIVE ゴールド メンバーシップ&『Gears of War』 ゲームオンデマンド用コード同梱版) (数量限定)【CEROレーティング「Z」】予約特典 クラシック ハンマーバースト &キャラクタースキン先行入手コード・『Gears of War: Judgment』オリジナル Tシャツ 付
(2013/03/21)
Xbox 360

商品詳細を見る



皆さんお待ちかね、Gears最新作の登場でござい!

そんなわけでこんばんは、篠山です。

さて、そんなわけでGears of War: Judgmentが発売です。
最新作、Gears of War: Judgment(以下GoWJ)は、前三部作のシリーズとは違う時代…
15年も前が舞台となっております。

『Gears of War: Judgment』は、「Gears of War」三部作よりも約 15 年前、最も過酷な戦いを強いられた「エマージェンス デー」直後の世界。「Gears of War」シリーズで高い人気を誇るデーモン ベアード、そして彼が率いる「キロ部隊」の熾烈を極める戦いが描かれる。公式ページの紹介より抜粋)

主人公はデーモン ベアード。
前三部作ではコールとのコンビで活躍していた男。
他の3人に比べて人間臭く、一番共感出来る人物じゃないでしょうか。
そんな彼が率いるキロ部隊。
彼らの活躍を追体験していくのがこのゲームの流れ。


とりあえず事前情報はこんな感じ。

さぁ、実際にプレイしようじゃないか!

ドラゴンクエスト7

ごきげんよう、篠山です。

ドラクエ7のリメイクが発売されましたね
というには時期的にちょっと遅すぎますが。


かくいう私も発売日に購入して、先日クリアしました。
リメイクってことで、一部理不尽だった点が解消されていて
なかなかの良リメイク。

と見せかけて、エンカウント方式の変更により、無駄にイライラする場面も。
シンボルエンカウントになったのはいいけど、画面がキャラに対して近すぎ(周りが見えない)
かつ狭いダンジョンで敵シンボルを要所に配置することでイラつきがマックス。
ふつーにランダムエンカウントで良かったような…。


そんな感じで。
個人的には85点くらい。

楽しめました。
ここの人
名前:篠山(ササヤマ)
性別:♂
特徴:底辺
嗜好:何でも食べる
生息地:樹海付近


旧記事はこちら
B級日誌(旧)
主に侍道4、STALKER、
Fallout3の記事があります。
ゲーマータグ
最新コメント
カテゴリ
お友達
宣伝
いろいろ
準備中
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。